ビットコインについてあなたが知っておくべきこと

【この記事で伝えたいこと】

ビットコインはサトシ・ナカモトという謎の人物によって考案された「電子マネー決済システム」。最初に買われたのは27億円のピザ。
coincheckというサイトから購入が可能。

ビットコインについてのニュースを目にすることが多くなりました。

しかしながらそのニュースは、『ビットコインが乱高下している』だとか、少し古いものでは『マウントゴックス社が倒産した』といったネガティブなものが多いです。

そういったネガティブな情報に影響されて、ビットコインは怖いと感じていませんか?

あらゆる物事について言えますが、実際に体験したことのないものに対して、伝え聞いた情報だけを頼りに『怖い』というのは、貴重なチャンスを逃すことにつながります。

ぜひこの記事を読んで勉強してみてください。

ビットコインの生まれた背景

ビットコインのような仮想通貨を暗号通貨(クリプト・カレンシー)といいます。
ブロックチェーン(後述)の仕組みを利用して、偽造したり、情報を書き換えたりできないようにしています。

その始まりは、暗号通貨の技術的な議論をするメーリングリストでした。
2008
年にサトシ・ナカモトという人物が『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)という論文を投稿しました。

この論文の内容を簡単に紹介します。

従来、お金というのは中央集権的なものでした。

管理者(中央銀行)が通貨を発行し、銀行感でお金をやり取りする時は銀行が帳簿をつけて管理していました。

サトシ・ナカモトは論文で、この帳簿をつけるという作業を、P2Pの仕組みを利用して分散処理してはどうかと提案します。

しかも、とんでもなく面白い仕組みを組み込んだのです。

ただ分散処理するだけの仕組みであれば、誰もビットコインに見向きもしなかったでしょう。ところがサトシ・ナカモトは、お金のやり取りをする際(帳簿を更新する際)、あるゲームが始まるよう仕組みを作りました。

その仕組みとは、

・帳簿を更新する際に暗号が発行されること
・暗号を一番早く解読した人には報酬としてビットコインを配布すること

です。

これによって、分散処理する人にもメリットを与え、相互扶助を促そうとしました。

この考え方に、多くの研究者やプログラマーが触発され、有志が集まってプログラミングを行い、2009年にビットコインが初めて『発行』されます。

ただし、最初は経済活動をするというものではなく、この論文のビットコインが仮想通貨として機能するのか、問題点はないのかといったことを検証するために、ゲームのようにスタートしたようです。

ちなみに、サトシ・ナカモトは、『中本哲史』と書くのですが、本当に日本人なのかどうかさえ分かっていない、謎の人物です。
まさに古き時代のインターネットを感じますよね。

ビットコインに価値が生まれた

ビットコインは最初、何の価値もありませんでした。

「1万ビットコインあげるから、帳簿更新してください。一番早く更新してくれた人に25ビットコインあげます」
「はいはーい」

のようなやり取りがなされて、ビットコインを受け渡す実験が行われていた頃、「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?」と言ったプログラマがいたそうです。はじめは面白半分で投稿されたものでしたが、別のプログラマがこれを了承して、ピザを届けた。

この取引が、ビットコイン史上初の商取引と言われています。

2017年には、1ビットコインは約27万円なので、なんと27億円のピザになりますね。世界一高いピザとしてギネスに登録されてもおかしくないです。

とまあ最初はこのように冗談でやり取りされていたビットコインでしたが、次第に通貨として使えそうだという噂が広がって、少しずつ価値を持つようになってきました。

ビットコインには限りがある

先ほど、帳簿の変更を分散処理する際、報酬としてビットコインが得られると書きました。これを発掘(マイニング)と呼んでいるのですが、マイニングには限りがあります。

サトシ・ナカモトはビットコインを生み出す際、プログラム内のコードによって発行上限を2,100BTCであると決めました。

発行スピードも決められています。最初は約10分ごとに50BTCが発行され、さらに約4年ごとにその発行量が半減され(半減される日付を半減期と呼ぶ)、最終的に2140年には2,100BTCになりビットコインの発行が終了する計画です。ごく短い期間で発行数が増えてしまうとインフレになってしまいますので、それを考慮して、少しずつビットコインが増えるように調整してあるのです。

上限が決められているということは、需要に対して供給が減っていくわけですから、価値は次第に上がっていきますね。

そんな仕組みが作れるというのは、プログラムの面白いところですね。

ビットコインを購入する

ここまで読まれて、ビットコインを購入してみたいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。ビットコインは、coincheckというサイトから購入が可能です。
https://coincheck.com/ja/sessions/signin?account_type=consumer

coincheckの使い方については、下記サイトがとても参考になりますので、ぜひ読んでチャレンジしてみて下さい。

『最近話題の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)ってなに?』の記事を読んで、ビットコイン(Bitcoin)に興味を持った方もいると思いますので、ビットコインを始めるために必要なことを書いていきたいと

 

情報源: 【保存版】コインチェック(coincheck)完全マニュアル – ハチスタイル

 

私も50000円分だけ購入してみました。

乱高下が激しいですので、購入の際にリスクが有ることを忘れてはいけません。あくまでも自己責任での購入をお願いいたします。

 

coincheckでは下記の13種類の暗号通貨の取引が可能です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ゼットキャッシュ(ZEC)
・モネロ(XMR)
・ダオ(DAO)
・Augur(REP)
・ファクトム(FCT)
・リスク(LISK)
・ネム(NEM)
・ダッシュ(DASH)
・ライトコイン(Litecoin)

 

coincheckに無い暗号通貨を取引したい場合は、poloniex(通称ポロ)で取引することをおすすめします。ポロの使い方は下記が参考になるかと思います。

よくコインチェック・ザイフ・フライヤーなどのチャットで、「polo」だとか「ポロ」だとか目にする機会がありますよね。 かくいう私自身もpoloを使っていて、チャットでもpoloの話をしたりするのですが、poloってなんだよって思っている人も多いのではないでしょうか。 そこで今日はpolo、正式名poloniexの登録方…

情報源: poloniex(ポロ二エックス)の使い方・登録方法【ビットコイン・アルトコイン】 – ビットコイン投資ダイアリー

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルトコインという新たなる革命。あなたに伝えたい3つのコイン。

自分だけの独自トークン発行方法。アート×カウンターパーティトークンが世界を変える...