婚活宣言〜頭の良い彼との思い出を振り返りながら〜

こんにちは。
橋本橙佳です。

食欲減衰中です。
というのも、9月末で大阪を去る友人がいて、
彼を送り出す会をここ2週間で4回ほど開催しているからです。

話すことは尽きなくて、一緒にいて本当に楽しい。
彼と出会えたのは私の人生の幸運でした。

それで、タイトルに繋がるのですが。
話は彼を、本当に頭の良い人だと感じていました。

頭の良さ、とは何だろう

頭の良さ、というと漠然としていますが、
私は下記の言葉が的を射ていると考えます。

・視野が広い。全体像をとらえる力が優れている人だと思います。 ・そして、常に謙虚である。

情報源: 頭のよさとは何でしょうか? -社会に出てから、「頭のよさ」とははたし- 大人・中高年 | 教えて!goo

・視野の広さ
これが、彼の頭の良さの根幹だと感じます。
彼は相手の興味・ニーズを理解して話をできる人でした。
それに彼の話には、伝えたいことが必ずありました。

例えば、バグ続きの案件でチームメンバーが挫けそうになった時、自分が創ろうとしているサービスが、何万人の人々に利用されるもので、いかに社会にとって必要不可欠なものなのか。だからこそサービスを創り出す我々は、仕事に責任感と誇りを持たなければならないと。メンバーを鼓舞し続けました。

私はそんな彼の姿を見て、自分もこうなりたいと考えたものです。

 

・常に謙虚である
こちらについて言えば、謙虚だったのだろうと思います。チームの仕事ではもちろん謙虚ではやっていけませんから、自信を持って周りを引っ張っていました。自信を持って仕事に取り組む姿が魅力的でしたね。出世欲はなく、常に正論をもって組織と戦い続けた人物でした。

また、女性に対しては紳士でした。遊んではいましたが、男同士の付き合いの中で空気を読んで遊び人を演じていた、ように思います。

人の話をしているお前はどうなんだ、と言われそうなので、これ以上は止めておきます。ここからは私自身の話です。

 

頭がいいことが足かせになる

自分で頭がいいと書くのは気が引けますが、私も人並みには周りが見えていると思っています。それこそ友人のことを上記のように分析してみせたり、下記のようなエントリを書けていますから。

【この記事で伝えたいこと】 後悔のない人生を生きるために必要な3つのこと。 こんにちは。橋本橙佳です。 今回の記事では、橋...

謙虚さについては自己申告では誰も信用しないですよね。ただ、周囲の人間から謙虚だと言われることは多くなりましたと付け加えておきましょう。

さて、見出しの内容に戻ります。
頭がいい人間は、考えすぎて行動が起こせなくなる
という弱点があります。

先ほど紹介した彼も私も、例えば結婚に対して似たような考えを持っていました。うちの会社の給料で、子どもを何不自由なく育てていくことが出来るのか?

答えは『なんとかなる』なのでしょうが、私と友人は様々なリスク要因を考えて踏ん切りがつかないという話をしていました。

それこそ、結婚式についてはお金の面からも勿体無いと話しますし、世間体や見栄のために大きな式をあげることはしたくないね、と話をしています。もちろん女性にとっては大事なイベントであることも理解していますが。

ふたりとも、
社会にひかれたレールを歩くだけの人生が嫌いなのでしょう。

お金に対しては…

しかしリスクを見ることで、生き遅れていることは確かです。私などはもう33歳になります。両親の時代であれば小学生の子どもがいて当然の年齢となりました。

私は、子どもを何不自由なく育てられるだけのお金を手に入れてから、愛を得たいと考えました。しかしお金を得るために失った時間は、数多い。2年間は地べたを這いずり回りましたからね。

ここまで書いて思いましたが、
私は決して頭が良いわけではないようです。
お金に対してリスクを恐れずに財産を突っ込んでいきましたから。

ではこの後は、愛に対してリスクを恐れずに時間を突っ込んでいくだけでしょう。

これからはこのブログで婚活についても書いていきます。
株式、不動産、作家活動、婚活と盛りだくさんの内容で今後はお送りいたしますので、どうぞよろしくお願いします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7部 私が趣味を通して実現したいこと

コーチングとは「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」こと

絵師様へ向けたメッセージ

世間体を気にする人の特徴、メリット、結論世間体は気にするな

今すぐ読みたい。『35歳からのリアル』

後悔のない人生を生きるために必要な3つのこと